どんな印鑑持っていますか?

  • RSS

オトナの持ち物として自分専用の印鑑を持っておきたいところですよね。
ひとくちに印鑑といっても、持ち歩いて仕事や日常のなかで頻繁に使うものから、
銀行印などにして特定の手続きに使うもの、本当に重要な場合にだけ使いたい、
たとえば実印のような印鑑まで使い方によっていろいろな種類があります。
使う目的が違えば買い方選び方も変わってきます。

自分専用の印鑑を作るにも考えなくちゃいけないことがあるのです。

印鑑という呼び方は少し堅苦しいのでハンコと呼ぶことにしましょうか。
ハンコが欲しかったら、たとえばホームセンターや文房具屋さん、
100円ショップなんかで手軽に安く買うことができます。

もちろん既製品にもともとある名前でないといけないので、
変わった苗字の人は強制的にオーダーメイドで注文することになるんですが^^;

でも機械彫りの大量生産の既製品のハンコだと、同じ名前の別の誰かが
自分のとまったく同じハンコを持っているってことになるんですよね。
つまりとっても重要な場面で使うハンコとしてはキケンです。
(重要じゃないハンコなんて無いようなものなんですが、まぁそのあたりは追々ふれるとして)

こういう具合に、どんな使い方をしたいハンコかでどこで買うか、どんな品物を選ぶかが違ってくるのです。
キケンかどうかもさることながら既製品のハンコって、単純におしゃれじゃないですよね。
いやいやそこはかなり重要ですよ!

事務用品って、身につけたり身近に置いて使うものじゃないですか。
頻繁に使うものがおしゃれだったりかわいいものだったりしたら、やる気が全然違ってきます!



このページの先頭へ